【海開き2018】沖縄(石垣島)はいつまでの期間?寒いのはいつから? 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


こんにちは!bayashiです!

あなたはが好きでしょうか?

そんな夏が刻一刻と近づいてまいりましたね!!

本日はそんな夏のなくてはならない風物詩の!!

海と言っても、美しい沖縄の海の海開きについて触れていこうと思います。

沖縄は本土と違って、年中温暖な気候ですが海開きの期間2018年は、いつからいつまでなのでしょうか?また、いつから寒くなるのでしょうか?

ぜひ、夏休みGWなど沖縄に旅行に行こうと考えている方!参考にしてみてくださいね!!

では、さっそく参りましょう!!

~期間はいつからいつまで?~沖縄の海開き2018

それでは、早速本題と参りましょう!!

沖縄の海開きの期間はいつからいつまでなのでしょうか?!

まず、海開きがされる時期としては、3月中旬~4月初旬になります。

この間にそれぞれの海水浴場が徐々に海開きされていくイメージです。

やはり、沖縄は温暖な気候だけあって海開きの時期が早いですね!!

サーフィンや海好きの人にとっては、これは最高な環境ではないでしょうか?

そして、海開きが終わる時期といたしましては、10月~11月といったところですね!!

すごいですねw。11月まで泳げるなんて!本土であったらもう寒い冬に突入しているころですから、この3月から11月まで海に入ることができるというのはすごく魅力的です!!

また、1日の海水浴ができる時間としては時期によって異なりますが、だたい9時~18時とこれも比較的長い時間海にいられるようです。

沖縄の海開きにおける注意点やススメ

沖縄の海開きの期間は、3月から11月であるとお伝えいたしましたが、それに伴い沖縄の海に行くにあたっての注意点やおすすめありますので、ここも忘れずに覚えておきましょう。

・3月から入ることができるが沖縄は天候が不安定なため晴れの日でないと厳しい。

・3月4月は若干肌寒いかもしれないのでウェットスーツを着るマリンスポーツがよい。

・5月6月は梅雨になり海水温も上がりづらいので、なかなかはいるのが難しい。

・ベストな時期は7月8月。ただし、台風が来やすいのが沖縄なのでタイミングには要注意。

・10月11月まで泳げるが、地元の人は泳いでおらずたいていは観光客の人。

・地元の人はバーベキューをして楽しむ。地元の人が海に入るのは6月~9月が多い。

・夏休みの期間はやはり混雑するので注意。

・9月10月は日差しも落ち着きそこまで強くないので、ゆっくり海水浴ができる。

・日差しが強くない時でも、紫外線は強いので日焼け止めはお忘れなく。

・ダイビングであれば一年中潜れる。

いろいろとたくさん注意点がでてきましたね。沖縄は年中温かくていい天気のイメージが強いですが、やはり時期によっては台風が頻繁に来たり、天候が安定しなかったりする時期もございますので、あらかじめ天候の情報についてはウォッチしておいた方が吉でしょう。

~寒いのはいつから?気温や紫外線量~沖縄の海開き2018

沖縄は、気温としては本土のように寒くはならないものの海に入るとなると水温は基本的に20℃を下回ることはありせんが、風も強く吹いたりするため12月~2月の期間は寒くなります。

ですので、水着を着て入りたいというのであれば海開きをしている3月~11月がおすすめですね!!

ちなみに関東地方の海開きは沖縄と比べたら全然短いですねw

【海開き2018】関東はいつから,いつまで?気温は何度になったら?

しかし、ウェットスーツを着てダビングなどは楽しむことができますので、もし12月~2月の期間に海に入りたいというのであればそれがおすすめです。

あと、気をつけたいのが12月だからと言って紫外線対策を怠らないことです。

3月4月の紫外線量でも関東地方の6月に相当するくらいですから、12月や1月の紫外線量も甘く見てはいけません。
冬の期間に沖縄に行く場合もしっかりと紫外線対策はしましょう!!
スポンサーリンク


~おすすめの沖縄の海水浴場&穴場スポット~

それでは、続きましては沖縄のおすすめの海水浴場をお伝えしたいと思います!!

レジャーをするだけでなく、旅先での出会いを作るのにも最適なスポットでございますので、ぜひ行ってみてくださいね!!

・古宇利ビーチ(今帰仁村)

「古宇利ビーチ」の画像検索結果

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

沖縄一美しいビーチと言われているます!施設も一番充実しています!

駐車場:古宇利島ふれあい広場の中の駐車場は無料周辺に有料(200円)の駐車場もあり)

シャワー:あり

トイレ:あり

更衣室:あり

あざまサンさんビーチ

出典:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

地元の方に愛されているビーチです。

マリンスポーツやバーベキューなど楽しむことができ、那覇から1時間弱で着くので都市部からのアクセスもばっちりです!!

駐車場:あり (500円/日・350台まで)

シャワー:あり

トイレ:あり

更衣室:あり

豊崎美らSUNビーチ

出典:https://img.activityjapan.com

那覇空港から15分とかなりアクセスがいいです!

こちらもバーベキューやマリンスポーツを楽しむことができます。

シャワー:あり

トイレ:あり

更衣室:あり

駐車場:あり (有料 800台まで)
スポンサーリンク


トロピカルビーチ

出典:https://www.tabinchu.net

ここが沖縄のビーチのなかで一番の出会いの場としてイチオシです!!

なぜなら、ここが一番バーベキューが盛んに行われるビーチだからです。特に夏の週末は混雑していて、地元民ですら予約するのに大変くらいです。

沖縄の人は、海はバーベキューする場所という認識が強いので、沖縄女性が多いですね。

また、一番ビーチが盛り上がるのは日没1時間前です。日中は日差しが強く暑すぎるのであまり人がいないのでご注意くださいw。

シャワー:あり

トイレ:あり

更衣室:あり

駐車場:あり (180台まで)

恩納村富着の国道

この付近はリゾートホテルが立ち並ぶ通りのため、旅行に来ている観光客女性がよくとおります。ここから那覇まで行くと、交通費が結構痛手なためこの付近で飲み歩いている観光客の女性がたくさんいます。

美らSUNビーチ

https://okinawaa.com

海が綺麗ですし、観光客も多いです。

近くに沖縄で有名なアウトレットモールの「あしびなー」があり、そちらも観光客や地元の方で賑わっています。

サンセットビーチ

「サンセットビーチ」の画像検索結果

https://www.okinawastory.jp

那覇からは少し離れますが、北谷でおすすめなところです。

名前の通り夕日がとっても美しいです。近くに観光客が止まるホテルがあったり、アメリカンヴィレッジという商業施設もありますので若い子も多いです。
スポンサーリンク


~おすすめアイテム~

ではでは続きまして、沖縄の海に行くにあたりまして持っておいた方がよいアイテムをご紹介いたします!!

マリンサンダル

マリンサンダルは必須ですね!!

沖縄の海やビーチにはサンゴがたくさんあるので、裸足だと危険です。

ビーチサンダルは脱げやすいのであまり向いていないので、マリンサンダルがおすすめです。

以下におすすめのマリンサンダルをご紹介しておきます!

ラッシュガード

温かい沖縄といえど3月4月の海はすこし肌寒いです。そのため体を冷やしてしまわないようにラッシュガードを着るのがおすすめ。またこのラッシュガードは紫外線を95%カットしてくれて、乾きもよいのでおすすめですよ!!

~沖縄のおすすめのイベント~【海開き2018】

では続きましては、海開きの季節に開催される沖縄のイベントでおすすめのイベントをご紹介いたします!!

ホエールウォッチング

出典:https://welove.expedia.co.jp

なんと!!2017年のクジラとの遭遇率は98%!!

素晴らしいですね!100回行けば98回はクジラさんと出会えるということですから、ぜひ行く価値ありですね!!

日本でなかなかこんな体験はできませんからね!

もし、クジラに合えなかったら全額返金してくれるか、再チャレンジ券を頂けるようです!!

期間が限られいますがぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

開催日時:2017年12月23日~2018年4月8日

午前便:8時30分~12時30分

午後便:13:30~17:30

場所:マリンハウスシーサー那覇店

住所:沖縄県那覇市港町2-3-13

料金:大人 4,500円(税込)、6~12歳 3,000円(税込)、5歳以下 無料

駐車場:あり
スポンサーリンク


沖縄全島エイサー祭り

出典:https://kozaweb.jp

日時:2018 8/31(金) 9/1(土) 9/2(日)

場所:コザ運動公園陸上競技場・胡屋十字路周辺

沖縄といえば、海ももちろんですがエイサーも有名ですよね!!

エイサーの大きなお祭りも夏に開かれるので、参加すればより沖縄を堪能できるのではないでしょうか?

泊いゆまち父の日お魚フェア~本まぐろ祭り~

出典:https://030b46df30379e0bf930783bea7c8649.cdnext.stream.ne.jp

開催日時 2018年6月16日(土)~6月17日(日) 10:00~18:00

開催場所 泊いゆまち住所 沖縄県那覇市港町1-1-18

料金:無料

沖縄の海の幸を堪能できるイベントですね!!

食べたマグロの種類を当てるゲームもあるようで、いろいろ楽しめそうです!!

あざまサンサンビーチ 海開きフェスティバル2018

「あざまサンサンビーチ 海開きフェスティバル2018」の画像検索結果

https://www.okinawastory.jp

ビーチの前方には神の島 久高島、世界遺産の斎場御嶽があり、神秘的な環境に囲まれたパワースポットです!ビーチの先端にはハートの鐘もあり、カップルやご夫婦におすすめですね!!

開催日時:2018年4月21日(土) 14:00~

開催場所:あざまサンサンビーチ

住所:沖縄県南城市知念字安座真1141-3

[海開き式典スケジュール]

14:00 海の安全祈願

14:20 主催者挨拶

14:25 来賓祝辞

14:30 テープカット・初泳ぎ
※14:30より遊泳可能となります。
スポンサーリンク


~沖縄の温泉~

沖縄には風呂文化がないシャワーが主流ですので、あまり温泉も盛んではないですが、おすすめの温泉をご紹介いたします!!

天然温泉アロマ(那覇市)

出典:https://www.moonoceanginowan.jp

開館時間:10時~翌日9時
定休日:年中無休
料金:大人1500円 小中学生750円 学割1000円

https://www.aroma1126.com/

瀬長島ホテル 琉球温泉 龍神の湯

出典:https://www.hotelwbf.com

開館時間:6時~0時
定休日:年中無休
料金:中学生以上1330円 小学生720円 幼児無料

https://www.hotelwbf.com/senaga/jp/hotbath/index.html

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

沖縄の海開きもまだ始まったばかりですので、まだまだこれからいろんなイベントなど盛りだくさんにあります!!

陽気な雰囲気と美しい海に囲まれた沖縄、楽しいこと間違いなしですのでぜひ今回お伝えした内容を参考に沖縄に行ってみてくださいね!!

それでは今日はこの辺で!!

本日もお読みいただき感謝いたします!!