年上の女性を落とすノウハウ~職場や出会いの場のかわいい年上女性のデートの誘い方を伝授~

スポンサーリンク

こんにちは!bayashiです!

職場などあなたの身の回りに好きで気になっている年上の女性はいますか?

もしくは今までに年上の女性を好きになったあるいは気にかけたことはありますでしょうか?

どなたも一度きりはそんな経験があるかと思います。

本日はそんな年上の女性が好きな男性諸君に年上の女性を落とす方法やテクニック・マインドについてお伝えしていきたいと思います。

では!早速参りましょう!

年下はコンプレックスでない!!~年上の女性を落とすには~

よく年上の女性を狙おうとするとき多くの男性はこう思うでしょう。

「どうせ年下は恋愛対象外だろうなあ。」

「子ども扱いされて終わりだよな。」

などと年下であることを年上の女性を狙う時にコンプレックスと思ってしまっている男性がほとんどだと思います。

でもそれは、勝手にあなたがそう思っているだけに過ぎないのです。

もしあなたが年上の女性を口説こうとして、声をかけたときの年上の女性の気持ちを代弁しましょう。

「わたしでいいの?」

年上の女性はこう思います。

この「わたしでいいの?」の言葉の背景には「わたしみたいなおばさんでいいの?他にもっと若くてかわいい女の子がいるのに」という背景の気持ちです。

つまりはこれは嬉しい気持ちの表れなのです。

ですから、年下であることがコンプレックスなのだと決して思わずに、むしろこれは武器なのだと思ってください。

そしてそれを活かしてください。

スポンサーリンク


素直でいろ!!~年上の女性を落とすには~

先ほど年下(若い)というのはコンプレックスではなく、むしろ武器になるとお伝えしましたが、ひとつ勘違いしてほしくない点があります。

それは、「若いにもいい若いと嫌な若いがある」ということなのです。

これはどういうことなのかといいますと、簡潔に言えば素直であるかどうかということです。

年上の女性から見て、嫌な若さというのは、その若さが故に背伸びをして見栄っ張りになることを言います。

逆にいい若さというのはその若さが故にまだまだ人生経験が浅く未熟であるということを真摯に向き合い、年上の人生経験のある女性に教えを求めようとする素直な姿勢のことを言います。

人生経験豊富な年上の女性からすれば、前者は哀れな存在で一緒にいて苦痛でしかありません。

しかし、後者の方はとても素直であるが故に自分よりも人生経験の少ないあなたにいろいろ教えてあげて育てたいという気持ちが芽生えます。

つまりはこれが母性本能をくすぐるということにつながるわけなのです。

ですから、年上の女性と向き合う時は、背伸びをせず、年上の女性と比べてまだまだ自分は人生経験が少なく未熟であることを素直に受け止める姿勢を示しましょう。

そして、年下をうまく利用して年上の女性に頼る姿勢がむしろ好感を呼びますので、素直にいきましょう!

スポンサーリンク


若返った気持ちにさせろ!~年上の女性を落とすには~

多くの年上の女性は自身が気が付かないうちに年を取り、価値観や考え方もおばさんに近づいていきます。

女性が気づかぬうちにそのような価値観になってしまったことに対して、あなたが持ち前の若さをうまく使うと一気に女性の気持ちを掴むことができます。

それは若さが故の「勢い」を有効に使うことで若返った気持ちにさせます。

多くの若い男子は、年上の女性からの「なぜ私を口説こうとしているのか?」という質問に対して、ストレートになんで口説いているのかをがんばって納得させようとする。

例えば、自分は「年上の大人っぽい人が好きです。」とか

でもそれは相手の女性からすると、おばさんが好きですという風に捉えられてしまい年上女性の気持ちにグサッと傷をつけてしまうことになります。

スポンサーリンク



「わたしでいいの?」という「わたしなんかおばさんなんだから他の若いかわいいこに行きなさい」のニュアンスを持った言葉。

これに対してあなたが若さが故の勢いを使って、「どうしてそんなおばさんみたいなことを言うの?」

と思い切っていったとします。

すると彼女は、彼女にあった狭い価値観にハッと気付かされます。

年上の女性は、「いつのまに私はこんなに年を取ったのだろう」と思います。

このように年齢差を利用して心に引っかかるキャッチな言葉を使う。

決してなんとか説得しようとしない。

相手に「なんで私はいつのまにこうなってしまったんだろう」と思わせるような言葉がけを持ち前の若さが故の勢いをつかってすることが大切なのでございます。

このように嫌われる若さと好かれる若さの区別を理解したうえで、好かれる若さの行動をぞんぶんに使っていくことで年上の女性の母性本能をくすぐり、心を掴むことができます。

将来性を見せつけろ!!~年上の女性を落とすには~

年上の女性には母性本能をくすぐるような姿勢を見せろということを先ほどまでお伝えしました。

ただ、これだけではまだ不十分です。

母性本能をくすぐることと対になって必要なことがあります。

それは、年上の女性に自分の将来性を感じさせることです。

やはり、年下といえど男なので将来的には家族を守る立場になります。

女性、特に年上の20代後半や30代の女性はそういった力があるのかどうかとても気にします。

ですから、仮に今ビジネスなどで結果が残せていなかったとしても、将来性があることをしっかりとアピールすることで成約につながります。

では、その将来性をどのように伝えたらいいのでしょうか?

それは、とにかく仕事について熱く語ることです。

自分は○○の仕事をやっていて、こういった背景と思いがあるので、世の中にこういった形で貢献したいんだ!

といったことを熱く感情をこめて語るとそういった将来性のアピールができます。

これらの母性本能と将来性の2つを感じさせることによって、あなたは他の男と差別化することができます。

年上の女性からしてみれば、あなたしか私を安心させて楽しませられることができないと思い

あなたを必然的に求めてくるようになります。

ですので、この母性本能をくすぐることと将来性、この2つを相手の女性に感じさせることでちょうどいいギャップが生まれ、年上の女性を楽しませることができ自分のものにすることができます。

スポンサーリンク


まとめ~年上の女性を落とすには~

いかがでしたでしょうか?

年上の女性を落とすということはすごくハードルの高いことだと思っていたかと思います。

しかし、決してそんなことはありません。

むしろ簡単なのかもしれません。

年上の女性を落とすうえでとにかく大事なのが、「背伸びをした見栄っ張りな若さ」と、「若さゆえの未熟さを素直に認めた若さ」この違いをきちんと理解したうえで女性に接することが大事です。

これを理解して接していれば、年上の女性を落とすのもそんなに難しい話でもなくなります。

なぜならみんな背伸びをしようとするからです。

そんな中でただ一人弱さや未熟さをさらけ出す。

この弱いところも素直に見せられるというのも精神的な強さなのです。

年上の女性はこういうところに惹かれるのです。

ですので、とにかく素直に接することが肝になってきますので実践していきましょう!!

では、本日はこんなところで!

LINE@

~女性との出会いに困ってませんか?~

せっかく、モテるための方法を学んでも女性と出会い、コミュニケーションをする時がなければ、ただの宝の持ち腐れです。

 

なので、そんなあなたに対して、

・美女のLINEを1日だけで5件ゲットできる方法

・モテる男、デキる男になるためにあなたに合ったマンツーマンの無料相談

 

をLINE@にて無料で提供しています。その他にもモテる男・デキる男になるための有益な情報を配信しています。ぜひ、あなたがモテる男になり、将来理想の女性と結婚ができるようになれるよう、ご活用いただければ幸いです。

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする