社内恋愛で嫉妬されて疲れた!別れたいが片思いの彼女が嫉妬しない方法と克服の仕方とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!bayashiです。

女友達・会社の同期・会社の女性の後輩としゃべっていただけなのに嫉妬されて面倒なことになったなど、そういった経験はございませんか?

本日は、社内恋愛で彼女に嫉妬されて疲れた人に対して、慰めの意を込めて書こうと思います。

それでは、本日もよろしくお願いいたします!!

では早速参りましょう!!

嫉妬するタイプの人とは?~社内恋愛で嫉妬されて疲れた~

では、まず嫉妬する女性・嫉妬深い女性というのはどういうタイプの女性なのでしょうか?

どういうしぐさや行動からそのようなことが分かるでしょうか?

あなたがそれを分かっていれば、嫉妬の地獄に巻き込まれなくて済みますよね!

ですのでここでは、どのようなタイプや行動パターンの女性が嫉妬しやすいか述べていきたいと思います。

嫉妬深い人は自信がない

まず、いろいろな嫉妬深さを意味する行動はございますが、どれもその根本原因はこの自分に対する自信がないというところからきています。

自分に対して自信がないがために、自分より優れている人に対して、人を蔑むような言動をし、自尊心を守ろうします。

あるいは、自分の大事な人を奪う危険性がある人に対しても自尊心を守るために蔑むような言動を発します。

すべては、弱い自分を守ろうとするが故の言動。

それが嫉妬なのです。

ですので、そういった心理的原因がありますので、その心理によって以下のような態度を示すようになります。

つまりは、こういった態度をする女性というのは嫉妬深いです。

・高価なものを身にまとおうとする人

・人の目を気にする

・なんでも人と比較しようとする

・人の交友関係を把握しようとする

・人の行動パターンを把握しようとする

・女性の話になると機嫌が悪くなる

書き出すときりがないですが、主にこういった態度が出てくるようになります。

嫉妬されてからでは、面倒なことになるのでなるべく普段から観察をしておいて、こういった態度がないかどうか確認しておきましょう。

嫉妬されないようにするには?~社内恋愛で嫉妬されて疲れた~

嫉妬深い女性の行動パターンはわかった。

では、そういった行動パターンに対してどのように日々の生活や会社でのふるまいをしていけば嫉妬されないように済むでしょうか?

スポンサーリンク


プライベートな時に好意を伝える

嫉妬深い女性ほど、お姫様のように自分だけ特別扱いされたいという気持ちになります。

これはやはり、自分に対して自信がないのでよりそう思うようになります。

仕事中に特別扱いをすると、間違いなく周りの同僚や上司にばれてすぐに噂になってしまいますので、仕事中は決してしないようにしましょう。

仕事中は分け隔てなく他の女性と接するようにしましょう。

仕事の時に彼女だけにやさしくし出来ない分、プライベートの時間で優しくして特別扱いをし、しっかりと行為を伝えることで彼女の気持ちが満たされるようになります。

そうすれば、未然に嫉妬を防ぐことができます。

社内では仕事に集中する

こちらは先ほども少し出てきましたが、仕事に集中する!

これに尽きますね。

仕事に全力で集中してさえいれば、必然的に余計なことを考える暇がなくなるので、何か疑われることはないでしょう。

いずれにしても大事になってくるのは、仕事中には他の女性を特別扱いするような行動は避けることです。
スポンサーリンク


嫉妬されたときの対処方法~社内恋愛で嫉妬されて疲れた~

では、いざ実際に嫉妬されてしまったときは、どのように対処していけばよいのでしょう?

先ほどもお伝えしたように、嫉妬というのは自信のなさから生まれるものです。

自分に自信がないために、大事な恋人が他の女性に奪われるのが怖いといった心理が働きます。

ですので、対処としてはこの心をうまく埋めてあげれば、嫉妬した彼女の心を安心させてあげることができます。

つまり、どうするかというと彼女に「あなたが一番の女性」だということを伝える必要があるのです。

そして、自分がいろいろな女性と触れ合っていて、彼女が嫉妬しているとしたら、あえてそれを逆手をとって「いろいろな女性と触れ合っているけど、その中であなたを選んでいる」

ということを伝えれば彼女の心を安心させることができると思います。

ポイントは、彼女が一番魅力的な女性であるということを伝えることが重要になってきます。
スポンサーリンク


まとめ~社内恋愛で嫉妬されて疲れた~

いかがでしたでしょうか?

本日もここまでお読みいただきましてありがとうございました。

社内恋愛といういろいろな男女が存在する場所だからこそ、必然的にいろんな人と絡むことが多くなり、その結果嫉妬というのは生まれやすくなります。

今回は付き合っている彼女が自分に対して、嫉妬しているという前提での話をさせていただきました。

こういう場合は、彼女に「あなたが一番の女性」ということを伝えることがポイントになりますので、もしこういった状況になりましたら、伝えるようにしましょう。

ただ、欲を言えば理想としては、そういうことを言ってあげないといけないような女性をそもそも彼女にしないということが根本解決になります。

こういった言葉をかけてあげないと安心しないということは、彼女自身、自分に対して自信がないということになります。

男性にも言えることですが、自分に自信をもっていないということは、その程度の魅力しかない人間です。

あくまで私の意見ですが、自分に魅力をつけてそれに等しい魅力をもつ女性を選べば、お互い自分自身に自信を持っています。

そうであれば、お互いの関係も強い信頼関係を構築できます。

例え彼女がほかの男性に口説かれていたとしても、自分にさえ魅力があれば他の男など敵にもなりませんし、逆に彼氏が他の女性に口説かれていたとしても彼女自身に魅力と自信があれば

他の女性など相手にもならないので嫉妬が生まれません。

ですので、男女ともに魅力をあげていくこと、これが嫉妬に対する先決の

対処方法ですので、しっかりと自分の魅力を磨いていくようにしましょう!!

では、本日はこの辺で失礼いたします!

本日もお読みいただきましてありがとうございました!!