仕事できないから辞めたいのは逃げ?新卒や2年目の会社員は3年待つべき?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いざ希望の会社に入ったものの仕事が全然できず悔しい思いをしている。

新入社員がおわってもう2年目になったけれども、一向に仕事ができるようにならない。

あまりに仕事ができないから、上司にいつも怒られているから、もう辞めたい。

あなたもそんな風に思うことがあるでしょう。

仕事ができないと自分に自信がなくなりますし、それで自信がないからまた仕事がうまくいかない。そんな負のスパイラルに入ってしまってはいないでしょうか?

その気持ちよ~くわかります。

辞めたいとは思うのだけれども、辞めるのは現状から逃げることとなるだろうし、同僚や上司になんて言われるか怖い。

そして、やめたあとどうしたらいいのかわからなくて不安。

辞めたいと思っても、そういう不安や恐怖が立ちふさがってなかなか辞めるという行動に踏み出せないですよね?

でも、大丈夫です。安心してください。

この記事では、あなたが今後充実した仕事や生活を送れるよう

・辞めたいけどやめられない

・仕事ができないまま辞めるのが怖い

・辞めた後のキャリアが不安

こんな問題を解決していきます。

ぼくが、与えられる知識や経験すべてをこの記事に注ぎ込みますので、ぜひ仕事や今後のキャリアのヒントにしていただけたら幸いです。

仕事できない新入社員や2年目が辞めるのは逃げなのか?

「keep stress」の画像検索結果

出典:https://drop.ndtv.com

よく世間では、会社に入ってとりあえず3年は辛抱しろ!

という言葉を聞くかと思います。

やはり、こういう言葉にとらわれて辛いけどまだ2年目だから我慢しなければいけない。

そんな風に自分の心に蓋をしてしまいがちになります。

でもこれって、本当に3年間はなんとか我慢しなければならないのでしょうか?

何かそういった科学的根拠などがあっての話なのでしょうか?

それって、他の国でも言われていることなのでしょうか?

これは特に明確な根拠などはないです。ただのざっくりとした目安でしかないです。

ただ、少しは理由はあります。

例えば、

・会社の全体像を客観的に見ることができる

・仕事の仕方がわかってくる

・余裕が出てくる

こういったことがあげられますね。

でもだからといって、給料が劇的に上がったりなど大したメリットはないです。

ですから、大したメリットもないので3年という期間に縛られる必要なんてないので、それよりも前に辞めても全然いいのです。

ただ、入社して1年内で辞めるのはどうかと思います。

なぜならば、1年目なんてみんなできなくて当然なのです。

そんな中で、仕事できないからといってやめてしまうのはまだ判断が早いです。

ひょっとしたら、なにかをきっかけに仕事のコツをつかみ急激にできるようになる場合もあります。

ぼくも少しだけそういう時期がありました。

なので、辞めるかどうかの判断のポイントとなるのは2年目でしょう。

2年目でも一向に仕事ができるようにならない、まったく成長しない、仕事に対してのモチベーションが全然ないというのであれば辞めてしまいましょう!

あなたの心が仕事が嫌で放心状態になっているのであれば、辞めて正解です。

それはあなたに合っていない、向いていない職場や仕事です。

それはもう、あなたも直すべきところはありますが、その会社も直すべきところがあります。

・職場の雰囲気

・終わらない仕事量

・理不尽な指導

などなど

特に日本の会社はそういう戦時中のような考え方が職場に残っていて、働きにくい環境です。

朝の通勤するサラリーマンのおじさんたちがいる満員電車に入ってみてください、負のオーラ全開ですよ。

それほど会社というのは直すべきところがあるのです。

しかしながら、会社や人を変えようと思っても変わりません。

あなたが動かない限りは変わりません。

なので、あなたがもし会社が嫌で嫌で仕方がないというのであればさっさと転職でもなんでもしてしまうのが、あなたの人生にとってはプラスになります。

辞めることで他の人に迷惑がかかるなんて思わなくていいです。

逆にあなたが、辞めないことであなたの人生に迷惑がかかるのですから。

自分を守れるのは最終的には自分だけです。

仕事を辞めることに逃げもなにもありません。

どの選択が自分の心を心地よくし、成長できるのかを考えましょう。
スポンサーリンク


会社辞めたいけどそのあとが不安

「不安」の画像検索結果

出典:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

会社を辞めたいと思っているし、周囲の声など聞き入れず断固として辞めることを貫き通すつもりだけれども、やっぱりそのあとどうするかが不安・・・。

やはり、生活があるのでまた別の仕事を探していく必要がある。

しかし、自分はどんな仕事をやりたくてどんなことが向いているのかがよくわからない。

そういった悩みがまた新たに出てくるでしょう。

分かりますよ。その気持ち。

いままでは学校に行ってそのまま求人のあるところに就職という”敷かれたレール”に沿って生きてきました。

だから、そこに自分の意志というのは存在せずただただとりあえず安定した企業で給料や休みがそれなりにもらえるところに就職できればいいか。

そんな気持ちで社会に出てきたでしょう。

これは別にあなたが悪くないのです、学校や会社など日本の社会が悪いのです。

だから決して悲観しないでください、そしてあなたはまだ20代です。

まだまだ取返しようはいくらでもあります。

なので、まずは一度立ち止まって自分自身を振り返ってみましょう。

自分はどういう人間なのか、何が好きなのか、何が得意なのか、何が苦手なのか・・。

そういったことをいろいろ洗い出してみるといいです。

特に自分の長所や好きなことというのは大事にしましょう。

これは、仕事ができるようになることはもちろんのこと、人に価値を与え収入を増やし豊かな人生を送ることができる最強の武器になります。

この自分の強みや弱みなど分かれば、あとはそれが発揮できる仕事を選ぶだけです。

また、仕事といっても別に会社員になる必要はありません。

もっと広い視野で自分の人生を考えましょう。

バイトでもいいですし、派遣社員でもいいです、はたまた起業の道に進んでもいいですし、バイトや会社員をしながら副業をして稼いだっていいのです。

あなたの強みを出せるところを探していきましょう。

転職は何回したっていいのです。

様々な仕事にチャレンジしてみましょう。

必ずその過程でも大きな学びがありますし、成長があります。

挑戦することに恐れ何もしないことこそ、人生における失敗です。

転職をたくさんしたり、いろいろな仕事をしたりすることに対してあまり良い印象を持たない日本の社会ですが、それは所詮日本の社会の中の会社員の人たちの中の話です。

まだ20代のあなたがそんな狭く苦しい世界に居続けるのは、一度きりの限りのある貴重な人生の時間の浪費です。

決して会社員を辞めた後を恐れる必要はありません。

逆にそんな狭く苦しい世界に定年までい続けることの方が恐ろしいことです。

定年なんてあなたの年の場合、リアルに70歳くらいまで引き延ばされていることでしょう。

辛いサラリーマン生活を70歳で終えたとたん死ぬ。

そんな人生は本当に勘弁です。

なので、よりよい人生を送れるように自身の強みや好きなことをみつけ、果敢にそれができる仕事に挑戦していきましょう!

20代のあなたがいますべきことは、あなたの心に正直になり挑戦することです。
スポンサーリンク


「仕事ができないから辞める」をし続けた僕の結末

僕のプロフィール記事にも書かせていただきましたが、僕自身もいろいろと仕事を変えています。

最初は製造業の会社に正社員として2年半ほど勤めていました。

僕はあまりに仕事ができなかったため精神的に病んでしまい、その会社を辞めました。

そしてそれからは、引っ越し屋⇒イタリアンの飲食店⇒串カツ屋⇒ホテルのルームサービス⇒キャバクラのボーイ⇒コールセンター

といった具合に仕事できないから辞めるを繰り返していました。

でもそうすることで、自分がなんで仕事ができないのかがより客観的に分かってきたのです。

どの職種についても、仕事ができなかった僕は毎回指摘されることは同じなのです。

「上司に確認してからやってよ。」

「自分の判断で勝手にやらないで」

「また記入ミス?」

そんな風によく言われていました。

これを聞いて、転職を考えているあなたも心に引っかかることがあるでしょう。

”職業を変えたとしても、また仕事ができない人間になってしまわないだろうか?”

これは、正直当たっています。

どの仕事をするにしても、仕事においての基礎基本というものがありますから。

基礎基本ができていなければ、どの仕事もうまくできません。

でも僕は、”仕事ができないのに転職する”を実践した結果、今までの嫌な会社の人から指摘されたことを新しい職場でも同じことを指摘されたことで、やっぱりここを直す必要があるんだなと体感することができました。

嫌だった会社の人から指摘されたことは全然改善しようと思わなかったですが、新たな第三者の人からも指摘されたことで改善しなきゃなと素直に思うことができました。

そういうことを繰り返していった結果、仕事ができるようになりコールセンターのお客様満足度95%という高い成果を出すこともできました。

”仕事ができないから辞める”を繰り返していくと仕事ができるようになるのです。

ですから、仕事ができない状態で職業を変えてもまた仕事ができない人間になるという考えは確かにあっていますが、繰り返していくと仕事ができるようになります。

できないところがそのたびに改善されていくのです。

逆に仕事ができなくて心が病んでいる状態で今の会社に居続けたところで、何も良くならないですよ。もっと病むだけです。

ですから、全然転職していいのです、というか仕事できなくて心が病んでる人ほどした方がいいです。

そうすれば必ず光が見えてきますから。

まとめ~仕事できないから辞めたい~

いかがでしたでしょうか?

ここまでお読みいただきまして、本当にありがとうございました。

今回お伝えした中で大事なことをまとめておきます。

・「会社は3年は続けろ」は守らなくていい

・仕事が辛ければ辞めていい

・自分の強みを見つけるべき

・”仕事がデキないから転職する”を続けると仕事ができるようになる

いま仕事ができないからと言って決して悲観することはありません。

必ずあなたにはできる力は持っています。

周囲の環境があなたを封じ込めてしまっていただけです。

仕事は何回でも変えていいです。

いろいろな経験をして、学び、考え、少しずつできる人間になっていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする