女は嘘を正当化する?逆ギレや浮気,心理の見抜き方とは?

スポンサーリンク

こんにちは!bayashiです。

突然ですが、女って嘘がうまいですよね?

浮気や嘘泣き、逆ギレされても男は見抜けないですよねw?

本日は、女の嘘を見抜く方法についてお伝えしていきたいと思います。

嘘を見抜くということで、できればあまりやりたくないことですが、彼女がいるあなたも彼女がこれからできるあなたも、彼女と良い関係を作っていくためにぜひお読みいただきたいと思います。

それでは、早速参りましょう!

見破る方法とは~女は嘘を正当化する?~

あなたは嘘をつくのが得意ですか?苦手ですか?

一般的に男性というのはをつくのが下手といわれています。

それに対して、女性というのは嘘をつくのがうまく、男性をいとも簡単にだまして浮気をしてしまう。

そういった話をよく巷で聞くかと思います。

では、そんな嘘をつくのが上手な女性に対して男性は騙されることなく、嘘を見抜くことができるのでしょうか?

見破る方法①普段の行動を把握する

嘘を見抜くことができるかどうかに対する回答としては、YESです。

では、具体的にどういった方法で見抜いていくのか、ちょっとメンタリストみたいな感じですが心理学にもとづいてお伝えしていきたいと思います。

見抜くうえでいろいろ相手の行動でチェックすべきところはありますが、まず前提としてわかっておかねばならないことがあります。

それは、相手の普段のしぐさです。

これが分かっていなければ、嘘を見抜こうとするときに見抜けないです。

いくら嘘をつくのがうまい女性といえ、同じ人間ですので嘘をつこうとすると本人は自覚がないですが、普段のしぐさでは出ない何かしら体のしぐさが出てきます。

そちらの詳細については後ほどお伝えいたしますが、まず普段のしぐさを把握していなければ、しぐさの違い明確化できず、嘘の時にでてくる体のしぐさなどの反応がわかりません。

ですので、まずは普段の何気ない会話のなかから、その時は相手はどういう視線の配り方をしているのか、はどう動かしているのか、はどこを向いているのか、口元はどう動いているのかを観察しておきましょう。
スポンサーリンク


見破る方法②事前に答えやすい質問をしておく

こちらもまた上述に似たような内容とはなりますが、事前に答えやすい質問をしておくということが事前準備として効果的でございます。

最終的なゴールである「嘘を見抜く」ということをするには質問をする必要があります。悪く言えば問い詰めるということですね。

答えやすい質問に対する答え方。それは回答するときの目線の配り方・手の動き・足の向き・声の高さとスピードを知っておく必要がございます。

そうすれば、それが基準の状態となり、実際に問い詰めたときに目線の配り方・手の動き・足の向き・声の高さとスピードなどに何かしら普段の状態と異なる反応がでてきます。

そうすることで嘘を見抜くことができます。

ですので、見抜くうえではまず基準となるものが必要で、それに対して嘘をついているときはどのような反応を示すのか確認するのが見抜くうえでの流れとなります。その際に効果的なのが何でもない答えやすい質問をしたときの答え方を知っておくことが非常に重要なキーとなるものになります。

しっかりとそこは抑えておきましょう!
スポンサーリンク


見破る方法③目に表れる

普段のしぐさを把握していただいたうえで、続いては嘘を言っているときに出てくる

反応についてお伝えしていきたいと思います。

嘘をついているときに反応が顕著に出てくるの箇所としては、です!

ここが一番わかりやすいです。

目は口程に物を言うということわざがあるように、まさに目がその嘘を物語っているのです。

男性が嘘をつくとすぐにばれてしまうという理由としてもここにあります。

なぜかというと、男性が嘘をついていた場合、その時の目というのは相手には向かず、どこか関係のないよその方目が向くようになります。

ですので、その反応を見ている方としては分かりやすい反応なので、普段の状態とは違和感があることを覚え、その結果男性は嘘がばれてしまうのです。

しかし、女性は違います。

女性が嘘をついている時というのは、目線はあなたの目を見つめます。あなたの目を見つめてあなたがどこから自分に対する疑いの情報を知りえたかをあなたの目線で探るためです。

ですから、一見嘘をついていないと自信があるように見えるので、女性は嘘をつくのがうまいと言われるのです。

しかし、普段のコミュニケーションでの女性の反応を知ったうえで、上記の反応を見るとやはりやけにいつもより目を見つめているなと違和感を覚えると思います。そうなればあなたは嘘を見抜けたも同然ですので、ぜひ普段の目線と問い詰めたときの目線を比較してみましょう!
スポンサーリンク


見破る方法④クローズドクエスチョンに対する答え

では、先ほどは目をみて見抜く方法をお伝えさせていただきましたが、今度は発する言葉に着目して嘘を見抜いていく方法をお伝えさせていただきます。

それは、クローズドクエスチョンに対する答えに着目しろ!ということです。

知っている方が多いかとは思いますが、一応念のためにクローズドクエスチョンとはなんぞやという方に向けて説明しておきます。

クローズドクエスチョンとは、簡単に言うとYES/NOで答えることができる質問です。

YES/NOで答えられる質問をする。今回の場合、男女関係の嘘を見抜くということですので、浮気を例にあげてお伝えしましょう。

例えば、あなたが彼女に対して、

お前、浮気してるの?

と質問したとしましょう。

それに対してあなたの彼女が、

してないよ。」

と答えた場合と。

えっ?!なんでそんなこと聞くの!ほんとサイテーなんだけど!」

「なんでそんなこと答えなきゃいけないの?私を信じてないの?」

とワァーワァー言い出す答え。

どちらが浮気をしているでしょうか?

はい。これは勘の良い人は一目瞭然かもしれませんが、後者なのです。

なぜなら、先ほどもお伝えした通り、YES/NOで答えられる簡単な質問ですので通常でしたら「してる/してない」の2択になるはずです。

しかし、2択でこたえられる簡単な質問に対してYESでもNOでもないそれ以外のことを聞いてもないのに自分からマシンガンのようにしゃべりだす。

あきらかに動揺してますよね。

おそらく「動揺してんじゃん」というと相手はワーワー言いながら「動揺してないよ!」と声を荒げて言うかと思いますw。

言葉はいくらでも嘘は言えますが、残念ながらの動きは嘘は言えません

ですので、YES/NOの質問に対して、YES/NO以外の答えが返ってくるということは、嘘をついている可能性が非常に高いです。

ですので、返ってくる答えの内容、そしてそのしゃべり方(声のトーンが高くなって、スピードもマシンガントークになる)も確認して嘘かどうかを見極めていきましょう!
スポンサーリンク


見破る方法⑤腕組み・足組

では、嘘の見抜き方については最後となります。

それは、腕組み・足組です。

心理学では、この腕組み・足組は自己防衛の反応と言われています。

今回の内容で言うと、浮気をしているのかどうかの質問ですが、その質問をされた側としてはもし本当に浮気をしているのなら、恐れ焦りなどのストレスを感じるわけです。

人間というのはそういった状況下に置かれたときに何とかして自分の気持ちを安心させようと守ろうとします。

ではどのようにして守るのかというと、腕組みや足組をするのです。実際やってみるとわかりますが、腕組や足組をするとどこか安心感や落ち着きを覚えますよね。

ですので浮気をしているかどうかに対する相手の反応で、腕組みもしくは足組みをしていた場合、恐れや焦りを覚えている証ですので、浮気をしている可能性が高くなります。

ぜひこちらもチェックしてみてください!
スポンサーリンク


まとめ~女は嘘を正当化する?~

いかがでしたでしょうか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

嘘の見抜き方についておさらいをしましょう!

・普段のしぐさを把握する。

・目をじっと見つめていたら嘘をついている可能性あり。

・YES/NO以外の答えが来たら嘘をついている可能性あり。

・腕組や足組みをしていたら嘘をついている可能性あり。

相手を問い詰めていくときはこういったところを重点的に確認していくようにしましょう。

とはいえ、そもそもこういったことはできれば避けたいことではあります。問い詰めている方も問い詰められている方もお互い嫌な気持ちですからね。

ですので、男性は女性に浮気をされないように男としての魅力を高め、パートナーの女性に寂しい思いをさせないようにしましょう!

それでは、本日はこの辺で終わりにしたいと思います。

本日もお読みいただきましてありがとうございました!!

ではでは!

LINE@

~女性との出会いに困ってませんか?~

せっかく、モテるための方法を学んでも女性と出会い、コミュニケーションをする時がなければ、ただの宝の持ち腐れです。

 

なので、そんなあなたに対して、

・美女のLINEを1日だけで5件ゲットできる方法

・モテる男、デキる男になるためにあなたに合ったマンツーマンの無料相談

 

をLINE@にて無料で提供しています。その他にもモテる男・デキる男になるための有益な情報を配信しています。ぜひ、あなたがモテる男になり、将来理想の女性と結婚ができるようになれるよう、ご活用いただければ幸いです。

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする