lineの異性との会話や話題,やりとりの内容は?毎日スタンプやおやすみを言うべき?!

スポンサーリンク

こんにちは!bayashiです。

みなさんはLINE使ってますよね?

意中の異性彼女にする時にがんばってLINEでコミュニケーションをとるかと思います。

本日は,そんなみなさんがよく異性とのコミュニケーションでつかうLINEのやりとりについてお伝えしたいと思います。

なぜLINEで既読無視されてしまうのか?~lineの異性との会話や話題,やりとり~

意中女性をなんとか彼女にしようとLINEを送っても既読無視されてしまうことってありますよね?

ここでは既読無視されてしまう理由についてお伝えしたいと思います。

既読無視される理由①LINEをする前から既に恋愛対象外

これは単純にあなたに興味がない、恋愛対象と見ていないということです。

女性からしてみれば興味のない男性とLINEをしても時間の無駄です。

逆にあなたも興味のない恋愛対象外の女性からLINEが積極的に来たところでLINEを返すのが面倒ですよね。

ですのでLINE交換前にあった時から、意中の女性を魅了できていないということです。

既読無視される理由②返信に困る

これはあなたが送ったメッセージの意図がつかめず返信に困るパターンです。

何かうまいこと言い回しをして、がんばってLINEメッセージ口説こうとしていませんか?

がんばって力が入って口説こうとすればするほど、まわりくどい表現になってしまい相手に意図が伝わらず返信に困ってしまいます。

既読無視される理由③LINEのやりとりがつまらない

これはLINEのやりとりに限らず通常のコミュニケーションにも言えることですが、つまらない自分の身の上話ばかりしたり、あるいは相手へ質問攻めで話題を膨らませることができていないのでこのような状態に陥ってしまいます。

既読無視されず続けるには?~lineの異性との会話や話題,やりとり~

では、どのようにすれば既読無視されずやりとりを続けることができるのでしょうか?

最も効果的な方法をお伝えします。

それは、LINE交換するまでにどれだけ相手を魅了することができるかなのです。

まず先ほども述べたように、自分に興味を持ってくれなければLINEしたいという気持ちになりません。

興味がない状態でLINEのメッセージだけで自分のことに興味を持ってくれるようにするなんてのはかなり至難の業です。

もしその力があるのなら、会っている状態ですでに相手を魅了できていると思います。

ですので、以下にLINE交換するまでに相手を魅了するか。

これがカギになってくるわけです。

モテる男が使う話題とは?!~lineの異性との会話や話題,やりとり~

では、女性を魅了できているモテる男がするLINEとはどのようなものなのでしょうか?

何か特別なテクニックなどを使っているのでしょうか?

その答えをお伝えします。

答えは、LINEしません!

全くしないというわけではないですが、必要最低限のやりとりしかしません!

必要最低限のやりとりというのは、次に会うデートの日時や場所の連絡程度です。

ですので、この見出しに対する回答は、「日時と場所の連絡」を話題にしていますw。

まとめ~lineの異性との会話や話題,やりとり~

いかがでしたでしょうか?

いくらLINE上でやりとりをして女性の気を引ことしても、結局肝となってくるのは対面であったときにいかに女性を魅了できるかどうかなのです。

結局は人と人なのです。

モテる男というのはこのことを理解しています。

LINEで、もがけばもがくほど、墓穴を掘るだけなのです。

ですから、今日この記事を読んだあなたもLINE女性の気を引くのはやめて、一人の男としての魅力を上げていきましょう!

そうしていれば、女性と会ったときに魅了することができますし、仮にLINEのやり取りになったときでも必然的に会話を続けることができます。

LINEはあくまでツール、大事なのは会って魅了すること。

このマインドで意中の女性とコミュニケーションをとっていただけたら幸いです。

では!本日はこの辺で!

LINE@

~女性との出会いに困ってませんか?~

せっかく、モテるための方法を学んでも女性と出会い、コミュニケーションをする時がなければ、ただの宝の持ち腐れです。

 

なので、そんなあなたに対して、

・美女のLINEを1日だけで5件ゲットできる方法

・モテる男、デキる男になるためにあなたに合ったマンツーマンの無料相談

 

をLINE@にて無料で提供しています。その他にもモテる男・デキる男になるための有益な情報を配信しています。ぜひ、あなたがモテる男になり、将来理想の女性と結婚ができるようになれるよう、ご活用いただければ幸いです。

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする