美人だと自覚ない美人っているの?!自覚あるのはいつから?

スポンサーリンク

こんにちは!皆さん自身、または、あなたの周りには美人はいますか?

一説によると美人とそうでない人では、他人にかけてもらえるお金(ご飯代やプレゼントなどのお金)は生涯に1億円違うとも言われています。

美人、そうでない人、この世の中にはいろいろな顔の人がいますね!ですが美人というのはどこから美人というのでしょうか?美人とはそもそもなんでしょうか?美人は自分自身のことを美人だと自覚しているのでしょうか?

今回は美人について、美人になるにはどうしたら良いのか、を書いていきたいと思います!

美人とは?

皆さん日々の生活で美人という言葉をよく耳にするのではないでしょうか?

美人という言葉の解釈も人それぞれ。

顔立ちのきれいな人、可愛い人、など顔がいい女性に使うことが多いと思いますがその美人とそうでない人の境界線はどこにあるのでしょう?

普段何気なく使う言葉こそ意味をよく理解していない場合が多いと私は最近つくづく思います。そこで美人について調べてみました!

美人(びじん)とは、容貌の美しい人物をさす言葉。 美女(びじょ)・佳人(かじん)・麗人(れいじん)同義。 古代中国で女官の官名されたことから、古くから女性に対して用いられた。 未成年者とくに美少女呼ばれる。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E4%BA%BA

だそうです。つまり、顔がいい成人女性に対して使うことがおおいみたいですね!そして未成年者のキレイな女の人は美少女と呼ぶそうです!辞書で調べたのですが、なんと、美人という言葉は男性にも使うことがあるみたいです!

基本的には男性のことは美男子、イケメンなどといいますよね!そのため基本的には顔の整った美しい女性につかうということでいいと思います!

この世の中にはたくさんの美人がいると私は思います。街を歩いているときや、電車に乗っている時に、「あの人美人だな」なんて思うことはないですか?私はあります。きれいな人って輝いていてオーラがあってなんかついつい見てしまうんですよね!

そこで美人は自分自身のことを美人だと自覚しているのでしょうか?

自覚ある美人とは!?

美人について先程書きましたが、美人は自覚症状があるのでしょうか?

答えとしては、美人は美人ということに気づいています。普通レベルの人が朝起きたら急に美人になっていた!なんて急に顔が変わることはないですよね?

大人になるにつれて美人になった。整形をして。などの例外を除き、基本的に美人というのは小さい頃から色々な人にチヤホヤされて生きています。そんなに頻繁に美人だと周りの人に言われていたらあなたならどうですか?

自分は美人かもしれない!そんな風に思ってしまいますよね!私でもそんなに頻繁に言われたら、そうなのかも!と思うのは当然ですよね。
スポンサーリンク


美人の自覚はいつから?

では、小さいころから美人はチヤホヤされていると出てきましたが、そこで気になるのは、美人はいつから自分のことを美人と自覚するようになったのでしょうか?

美人の方は、小さいころからある程度美人になるであろう顔の作りをしていますから、大人に「かわいい顔してるね」だとか「将来絶対美人さんになるよね」と言われています。

しかし、さすがに幼稚園や小学校低学年のころにそのような言葉を浴びせられたとしてもまだなんのこっちゃ分からないですよね。

(最近のコギャルメイクをするような、ませている小学生ならわかるのかもしれませんがw)

調べてみますと、やはり美人の自覚をした時期で多かったのが中学生のころですね!

やはり、女性の方が男性よりも早く恋愛や異性に関心が沸きますから、そうなり始めるタイミングとしては思春期である中学生時代。

このころに、周囲の女子や先輩、同級生などからチヤホヤされだして自分は美人なんだと自覚が芽生えるようになります。

一流の美人と二流の美人の見分け方

先程、美人は自覚しているという風にお伝えいたしました。しかし美人と言っても世の中には数え切れないくらいいて、本当の美人と二流の美人がいます。本当の美人と二流の美人の違いは一体なんだと思いますか?

本物の美人と二流の美人の見分け方は、美人ですね!と本人に言ってみることです!どういうこと?と思った人も多いと思います。具体的な見分ける点としては、美人に美人ですね!と言ってみたときの返答で本物か二流かわかります。

しかしこの方法は親しい友人や何度も本人に美人だと言ってしまっている場合はあまり参考になりません!一体どんな回答なら本物の美人なのでしょうか?

本物の美人は流すように返してきます。本物の美人は美人だと言われなれているため、照れたり、テンションが上がったりせず、すらっと流すような受け答えをしてきます。当然!といったような返しをしてくるのです。

逆に二流の美人は変にテンションが上がったり声が大きくなったりします。二流の美人は自分では美人だと思っているがあまり周りからは言われないパターンの人なので、もっと褒められようと頑張ったり、声をわざと大きくしたりします。
スポンサーリンク


自覚なしの美人はいるのか?

では、続いて逆に自覚がない美人はいるのでしょうか?!

そのような美人の人に今まで出会ったことがないのですが、可能性としてあるとすればふわふわしている美人かちょっと自信のなさそうな人ですね。

ふわふわしている人は、単純に基本何も考えていないのであまりそういう事を思ったことがないというパターンですね。

そして、ちょっと自信のなさそうな人については今まで妬みや嫌味をたくさん受けてきた人、女社会で育ってきた人が可能性としてあげられれます。

「美人だね。」などと外見のことを誰かから褒め言葉として言われる時として男性から言われるパターンが多いですよね?よく美人はさまざまな男性からチヤホヤされますからねw。

しかし、小さいころからずっと女社会で育ってきた美人の人はなかなかそういう言葉を貰うことが多くないかと思います。

むしろ、人より美人だからという理由で嫉妬されて同級生の子や先輩、会社の女上司からいじわるされる場合だって実はあるのです。

ですから、美人も美人で実は苦労されているんですよ!

そのような経験が多い美人であればあるほど、より自分自身が美人であるということに気が付きにくいです。

なぜ自分がこんなにいじわるされているのか?

いじわるされているということは何かその人の気持ちが暗くなるようなことをしてしまったのではないか?

これからはその人に対する言動に気をつけようという風に考えるのが普通かと思います。

誰も自分の顔が美しいから、人に不快な思いをさせてしまったなどと思いませんよね?w

実際に、美人であることに対して自覚なしの人を見たことと会ったことはありませんが、現実的にいらっしゃるとするのであればそういったケースが考えられますね!
スポンサーリンク


美人になる方法!美人の”自覚ない”女から”自覚ある”女へ

美人は顔がいいから。でも私は顔は普通だし。でも可愛くなりたい、本物の美人になりたい。そんな風に思ったら諦めないでください!人は努力次第で誰でも美人になれるのです。ここからは美人になる方法について書いていきます!

1.自分への投資を惜しまない!

自己投資は絶対に惜しんでは行けません。例えば、あなたは2つの化粧水で迷っているとします。所持金は3000円、化粧水Aは2900円、化粧水Bは900円。物的には圧倒的にAのほうがいい。その時あなたはどっちを選びますか?

美人はどんな境遇にいても自己投資は惜しみません。自分にお金をかけて磨かないと美人にはなれません。モデルや女優でも、日々、自己投資を惜しまずしています。自分を磨けない人は光ることはできません。

2.美人になる努力をする

これがいちばん大切です。いくら自分にお金をかけても努力がなければ絶対に光りません。スポーツでもいくらいい道具を買ったからと言ってプロにはなれませんよね!それと同じことで美人になるには絶対に努力が必要です。

例えば、毎日顔や足をマッサージしたり、肌のケアを毎日怠らない、運動を毎日継続してするなど、努力が大切なのです。今売れている女優であっても、昔は、毎日レッスンにかよって自分を磨いていました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

美人になるには努力と自己投資が必須です!

自分にケチらずに努力して自分に磨きをかけましょう!

そうすることであなたもいつかきっと美人になれるはず!周りの人に美人だと思われるように頑張りましょう!

そして周りの人に魅力を振りまきましょう!本物の美人を目指してルックスも中身も一流の美人になれるように日々努力ですね!

LINE@

~女性との出会いに困ってませんか?~

せっかく、モテるための方法を学んでも女性と出会い、コミュニケーションをする時がなければ、ただの宝の持ち腐れです。

 

なので、そんなあなたに対して、

・美女のLINEを1日だけで5件ゲットできる方法

・モテる男、デキる男になるためにあなたに合ったマンツーマンの無料相談

 

をLINE@にて無料で提供しています。その他にもモテる男・デキる男になるための有益な情報を配信しています。ぜひ、あなたがモテる男になり、将来理想の女性と結婚ができるようになれるよう、ご活用いただければ幸いです。

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする